誰にも頼れずキャッシングをした話

キャッシングを初めて利用したのは数年前。
エステの支払いを後から自分で手続きをして分割にするのを忘れており、気付かぬ間に時が過ぎ、ある日一括15万円の督促状がきました。

貯金もなく、給料日もまだ遠く…まさか親にも頼れない状況で助けてくれたのがクレジットカードのキャッシング枠でした。
まだ大きなローンなどを組んだことがなかったので、一気に15万を借りる恐怖はあったものの督促状の恐ろしさに胃も痛くなる思いでしたので、15万円借りることになりました。
その場は逃れたものの、いざ借りてしまうと、不思議と慣れてしまうものですね。その後は何かあるたびにキャッシングを利用…

するといつの間にか枠いっぱいの100万円という額に膨れ上がっていました。
それを利子付きで少しずつ返済していきます。利子も大きいですので、完済にこの先何年かかるのでしょうか…
本当に必要な時だけ使うのがキャッシングのいい利用法で、私みたいに感覚が麻痺するのは本当に危険です。